2017年02月19日

虹の橋をいつか なつと・・・

なつが旅立って5日が経ちました。

頭の中はなつが居ない悲しみ、寂しさでいっぱいなのに、洗濯物を干している時や買い物に出掛けると"早く戻らなきゃ…"という感覚は残ってしまっています。

いつ発作が起きるか分からなかったし、身体が不自由だったのでおかしな格好で動けなくなっているんじゃないか、と常になつの事を気にしていました。

リビングのドアを開けて、いつも寝ていた場所になつが居ないのを見てまた悲しみが込み上げてきます。

こういう感覚はなかなか消えないのかな・・・





なつが半身麻痺になってから生活が変わり、3ヶ月半かけて、いかになつが快適に過ごせるか、私も病院へ連れて行ったり、買い物へ行くタイミングがうまくいくようにといろいろ考えて生活を変えてきました。

"いい感じになってきた"

『このペースで頑張っていこうね!』となつにも話していました。


あんな身体で頑張っている子にこれ以上期待してはいけないと思いながら、もしかしてなつなら22歳、23歳まで生きられるかも…なんて事も思ったりしていました。


だから突然の別れは本当にショックでした。




でもあの身体で最期までほんとによく頑張ってくれたな と今は感謝の気持ちでいっぱいです。



19歳と9ヶ月でした。








虹の橋・・・

今なつは元気な身体に戻り沢山食べて沢山遊んでるのかな

ずっと先になるかもしれないけど
なつ、待っててね

いつか虹の橋を一緒に渡ろう


約束だよ








やっぱりなつの姿が見たくなって泣きながらですが少しずつ写真が見れるようになりました。



ほんとに可愛い子でした。




亡くなる2日前に撮った写真です。
B612_20170212_113958.jpg


歩けるくらいに元気だったのにね
B612_20170212_130654.jpg




なつ
ありがとうね
B612_20170219_144630-208bb.jpg





今までこのブログを読んで下さっていた方々
コメントを下さった方々
とても励まされました。
感謝しています。


本当にありがとうございました。


にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
posted by shi_no at 18:26| Comment(15) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

最期は私の腕の中で

あたたかいコメントを下さった方々、ありがとうございました。
涙が出ました。




先週の土曜日 病院へ行きましたが異常なし。
日曜日、食欲が少し落ちていたが元気で歩いてもいました。
月曜日の朝ご飯は余り進まないもののなんとか完食。
お昼も同じ感じ。
食欲はないが少し歩いていました。
夕方、食べない水も飲まない。

19時に発作痙攣。
座薬をすぐに入れて様子見。
深夜1時頃までゴソゴソしていたがピタッと止まって寝ました。

火曜日の朝になっても起きないのでゆすって起こしてみたが目を少し開ける程度なので、心配になりすぐ病院へ行く支度をしました。

朝一で病院へ。
グッタリしているのでキャリーケースには入れず車の助手席に寝かせて病院へ向かっていたらシャーシャーが始まる。

病院に着くと先生の目の前で発作が起きました。
痙攣はなかったけど先生は酷い発作ですね、と言って注射を打ちました。

夜まで診てもらっていましたが、迎えに行った時も少し顔を上げて私達を見る程度でグッタリしたままでした。

先生はこのまま昏睡状態になって目覚めなくなるかもしれないし、なつならもしかしてまた元気になるかもしれないし何とも…
でも連れて帰ってもらった方がいいかもしれない、と仰いました。

病院で私達家族がいないところで死んでしまうことだけは絶対に嫌だったから迷わず連れて帰ることにしました。



20時過ぎに家に着いて横にしたが21時過ぎくらいに呼吸がおかしくなり始めました。

何となくもうダメな気がしてさすりなから泣いていたら、旦那が抱っこしてあげたら?と言いました。

抱くことによって更に呼吸がおかしくなったらどうしよう、と躊躇っていたのですが旦那の一言で我慢出来ず抱っこしました。

今までにない呼吸。
やはりダメだと思ったので『なつ今までありがとう、うちの子になってくれてありがとう』と沢山伝えた。

その数分後に呼吸は止まりました。


もうお腹も動いてません。



『寝てるの?』ってくらいに綺麗で安らかな顔をしているので『なつ、起きて!』と何度もゆすってしまった。
でも起きないしどんどん冷たくなったいった。



ほんとに死んじゃったんだ…



苦しくて苦しくて悲しくてどうしようもない



でも最期は家に帰って家族に見守られ私の腕の中で逝ったので連れて帰って良かったです。









B612_20170216_135821.jpg
なつ、本当にもういないんだね
なつは可愛すぎたから立ち直るまでに相当時間がかかりそうだよ…

遺影も飾りたいけど、まだなつの写真がちゃんと見れないんだ

もう少し待ってね





ぽちっとして頂けたら励みになります
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
posted by shi_no at 16:52| Comment(12) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

なつも天国へ

4時間前になつは天国へ旅立ちました

急だったのでまだ信じられません
信じたくありません



朝から病院にいましたが夜連れて帰ったので、家で私が抱っこした状態で息を引き取りました


今 私の横に居ますが眠っているようです

また目を覚ましてくれるような気がしますが、触ると冷たいです




本当にこの時がきてしまった



悲しくて苦しいです



落ち着いたらまた書きます





にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
posted by shi_no at 01:08| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする